DUOザリペアショットが考える毛穴ケアと毛穴の状態3パターン

“うまく隠しているつもりでも、意外と他人から見られているのが毛穴です。多くの人が自分だけではなく、他人の毛穴も気になって見てしまうと言われています。毛穴が目立つ原因には、キメやターンオーバーの乱れ、角栓づまり、ハリ低下にあるのです。これらが生じる根本原因である「隠れ炎症肌」に着目したのがザ リペアショットになります。

DUOザリペアショットが定義する悪い毛穴の状態

毛穴が目立つ根本的原因に着目して生まれたザ リペアショットが考える、悪い毛穴の状態は大きくわけて3種類あります。そもそも毛穴が気になるのは、毛穴の数の多さで目立っているのではなく、肌内部の機能が低下することによって毛穴が目立っている状態からなのです。肌の印象も左右すると言われる、3種類の毛穴目立ちをご紹介します。

・ ひらき毛穴
「ひらき毛穴」はその名の通り、毛穴がひらいて見える状態です。ごわごわとした手触りが特徴で、デコボコとした見た目から、光の当たる角度によっては毛穴が目立ってしまうこともある毛穴トラブルの1つです。

ひらき毛穴の原因は、日々の生活で蓄積されるストレスや、生活習慣の乱れなどが原因となって生じるホルモンバランスの乱れ、そして、肌の乾燥などにあると言われています。これらが原因となり過剰な皮脂分泌が発生することで、肌や毛穴の炎症を促進させるのです。炎症が強まれば、肌のターンオーバーを乱れ、角化不全の状態に至ります。こうして、ひらき毛穴はどんどんと悪循環に陥り、他人からもわかる肌の状態になってしまうのです。ひらき毛穴は頬や小鼻などに多く見られ、ひらき毛穴自体が、肌の状態が悪化していることを示す兆候とも言えるでしょう。

・居座り毛穴
「居座り毛穴」は、角栓によって毛穴がふさがってしまっている状態を指します。白や黒い点に見える状態で、触るとざらついた感触がするという特徴があります。ニキビの原因になるのがこの「居座り毛穴」ですから、きちんと対処しておく必要のある毛穴トラブルの1つと言えるでしょう。

「居座り毛穴」は、活性酸素による角栓の酸化やメラニンの沈着などによって、黒ずみになる場合もあり、こちらも気をつけないと悪化してしまいます。主な原因はターンオーバーの乱れをもとに作られる角栓が原因です。そのため、居座り毛穴を解消するためには、ターンオーバーの正常化が重要なのです。

・たるみ毛穴
「たるみ毛穴」は毛穴が涙のような形になって伸びている状態です。たるみジワの原因にもなる恐ろしい毛穴トラブルであり、皮膚を上に引っ張ると目立たなくなってしまうという特徴があります。

「たるみ毛穴」の原因は、肌の炎症によってコラーゲンを分解してしまう酵素(MMP1)が大量発生することにあります。MMP1によりコラーゲンが減少し、肌の弾力が低下して毛穴がたるんでしまうのです。コラーゲンを摂取すればいいと考えるかもしれませんが、この原因を取り除かなければ、いくらコラーゲンを摂取したところで、毛穴が改善される期待は薄いでしょう。このため、ザ リペアショットで根本原因をしっかり取り除くことが大切になります。

毛穴が目立つ原因は「隠れ炎症肌(サイレントシグナル)」

ザ リペアショットが着目したのが、毛穴トラブルの根本原因「隠れ炎症肌」と呼ばれるサイレントシグナルです。毛穴が目立つ主な原因は、キメやターンオーバーの乱れ、角栓づまり、ハリ低下が原因とお伝えしてきましたが、その根本には、「肌内部の炎症」が関係しているのです。この肌内部で炎症が起こっている肌のことを「隠れ炎症肌」と呼びます。肌内部の炎症を防ぐことが、今ある毛穴の悩みはもちろん、今後引き起こされる可能性のある毛穴トラブルを未然に防ぐことにつながります。このような考えからザ リペアショットは生まれたのでしょう。

「隠れ炎症肌」の原因は、紫外線や乾燥、ストレス、摩擦、過剰な皮脂分泌など、日常的な肌への刺激にあります。これらのダメージが蓄積されることで、連鎖反応を引き起こして、さまざまな毛穴トラブルにつながっていくのです。

そもそも炎症は、肌のもつ防衛本能によって生じるものです。そのため、保湿をしっかりとおこない、肌をむやみに刺激しないやさしいスキンケアを心がけたり、屋内でも紫外線対策を徹底したりなど、普段から肌への刺激を減らすことで、予防につながるのです。また、ホルモンバランスの崩れにくい環境をつくるために、生活習慣を整えることも大切な要素の1つです。3食をしっかりと守ってよく食べ、夜にはよく眠り、適度に運動も心がけることとで、より改善が望めるようになるでしょう。ザ リペアショットなど毛穴悩みに特化したスキンケアをおこなうことも重要ですが、日常生活などで改善できることも同時に始めてみるのはいかがでしょうか。

DUOザリペアショットの栄養成分と働き

毛穴トラブルも種類によって原因が違うため、それらに働きかける成分は異なります。ザ リペアショットに配合されている成分でそれぞれに働きかける成分をご紹介します。

まず、これまでの紹介した3種類の毛穴トラブルですが、根本的な原因は過剰な炎症反応にあります。その炎症自体に働きかけるのが、炎症を抑える「HITペプチド」と「アーチチョーク葉エキス」と「グリチルレチン酸ステアリル」です。

・ひらき毛穴に働きかける栄養成分
「ひらき毛穴」はストレスやホルモンバランスの乱れによる皮脂量の増加が原因です。これに対して、「ヘリクリスムイタリクムエキス」にはストレスを和らげる効果があると言われており、「ミニポリル」には皮脂の過剰分泌を正常に抑える働きが期待されています。このほかにも、ザ リペアショットには抗アクネ菌作用のある「トタラ木エキス」や肌のバリア機能を高める「セラミド」、コレステロールやセラミドの産生を促す働きのある「ローズマリーエキス」も含まれているので、それらも「ひらき毛穴」の原因にアプローチしてくれるでしょう。

・ 居座り毛穴に働きかける栄養成分
「居座り毛穴」は、ターンオーバーの乱れが原因となって、毛穴に古い角質が溜まってしまうことによって引き起こされます。これに働きかけるのが、毛穴づまりを解消し、角質ケアができる「スキンリペア」です。また、「居座り毛穴」の酸化や色素沈着によって、毛穴には黒ずみが生まれます。これらはメラニンを抑える「ビタミンC」や抗酸化作用を持つ「ビタミンE」で予防が可能です。

・たるみ毛穴に働きかける栄養成分
肌のハリが失われてできる「たるみ毛穴」には、コラーゲンを分解する酵素(MMP1)を抑制するために「トマト果実エキス」が働きかけます。さらに、毛穴へハリを取り戻し、コラーゲンの引き締めをサポートする「ブドウ葉エキス」や、毛穴へうるおいをもたらす「3Dヒアルロン酸」もたるみ毛穴の原因へ適切にアプローチします。

「隠れ炎症肌」は、さまざまな毛穴トラブルの根本原因となります。ザ リペアショットは、この肌内部の炎症に着目することによって、選りすぐりの毛穴ケアに特化した成分を豊富に配合することができたのではないでしょうか。毛穴トラブルにアプローチする成分が各毛穴にしっかりと機能することで、滑らかな肌へと整える働きが期待できます。ザ リペアショットを使って、悩み続けていた毛穴トラブルを改善してみてはいかがでしょうか。”